忍者ブログ
厚い靴下はけばいいや、ってなもんじゃない。冷え性をまじめに考えてみます。めんどうくさがりやさんにも簡単に出来る裏技でツライ冷えを克服!

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
冷やややっ子
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最新CM
[05/17 backlink service]
RSS
最新TB
管理用
リンク
カウンタ
アクセス解析
<< 足のマッサージ | HOME | 遠赤外線ストーブのレビュー >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鉄筋コンクリートマンションは気密性が高いのが特徴ですが、
部屋によっては結露がすごいです。
窓ガラスだけでなく、壁にも水滴がついて、
かなり湿度の高い部屋になります。
水で濡れた部屋の中は大変寒いです。
梅雨時と同じくらい冬も湿度計は必須ですね。
結露はタオルで拭けばいいかな、と思っていましたが
なんとなくカラッとしません。
さらに、拭けない家具の裏はカビが生える危険も!
アレルギー体質の方にはカビやハウスダストは大敵。
ということで除湿器購入しました。



除湿器があるとかなりカラッとするので、
梅雨時も真冬も重宝しています。
乾燥しすぎているとノドが痛くなったり
風邪を引きやすくなりますが
湿度計を見ながらタイマー設定しておけば大丈夫。
除湿器を強にしておけば、生乾きの洗濯物も乾きます。
(※洗濯乾燥対応機種)

遠赤外線ヒーターをつけるほどでもない日は、
だいたい除湿器を稼働させています。
PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
[PR] 忍者ブログ [PR]
ブログテンプレート